しずおか 安全・安心 まちづくり

  1. ホーム
  2. 自転車防犯登録制度について

自転車防犯登録

自転車防犯登録制度について

自転車防犯登録制度をご存知ですか?

自転車を利用するためには、「自転車法」に基づき「自転車防犯登録」が義務付けられています。この「自転車法」は、自転車盗難の多発や放置自転車等の問題を改善するため施行された法律です。「自転車防犯登録」をしていれば盗難等の防止や万一被害に遭った場合、自転車の返還が容易になります。

あなたの自転車を防犯登録で守りましょう。
防犯登録は、新車・中古を問わず、自転車、バイクを対象にそれぞれ車籍を付してこれを表示する防犯登録票を貼付するとともに所有者、氏名、車両の特徴、車体番号、車籍番号を記載した「自転車防犯登録カード」を作成し、警察本部のコンピュータに保管登録されて盗難自転車等の早期発見や被害自転車等の早期回収に役立つ制度です。
※防犯登録情報を携帯電話にメモしておくと安心です。

自転車法の目的について

自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律

この法律は、自転車に係る道路交通環境の整備及び交通安全活動の推進、自転車の安全性の確保、自転車等の駐車対策の総合的推進等に関し必要な措置を定め、もって自転車の交通に係る事故の防止と交通の円滑化並びに駅前広場等の良好な環境の確保及びその機能の低下の防止を図り、あわせて自転車等の利用者の利便の増進に資することを目的にしております。(自転車法第1条)

  1. 自転車を利用する者は、道路交通法その他の法令を遵守する等により歩行者に危害を及ぼさないようにする等の安全な利用に努めなければならない。(自転車法第12条第3項)
  2. 自転車等を利用する者は、自転車等駐車場以外の場所に自転車を放置することのないように努めなければならない。(自転車法第12条第2項)
  3. 自転車を利用する者は、その利用する自転車について、国家公安委員会規則で定めるところにより都道府県公安委員会が指定する者の行う防犯登録を受けなければならない。(自転車法第12条第3項) と規定しております。

自転車防犯登録の義務化について

平成6年6月「自転車の安全利用の促進及び自転車駐車場の整備に関する法律の一部改正する法律」が施行されました。

本法は、自転車盗難の著しい増加や通勤、通学、買物等のため自転車及び原動機付自転車(以下「自転車等」という。)の利用増大に伴う鉄道駅の周辺等における自転車等の放置が依然憂慮すべき状況にあることにかんがみ、自転車等の駐車対策の総合的推進等を図るため、自転車の安全利用の促進及び自転車駐車場の整備に関する法律について所要の改正を行っております。

本法では、従前の自転車防犯登録について努力規定から、自転車利用者に対して自転車防犯登録は義務規定に改正されました。

自転車防犯登録はどこでできるの?

自転車の利用者は、「自転車防犯登録所」で登録ができます。

静岡県内の自転車登録所は、(公社)静岡県防犯協会連合会が自転車防犯登録所(店)に指定している量販店や自転車販売店、更には静岡県自転車軽自動車商業組合に加入している自転車販売店で登録をすることができます。

参 考
(公社)静岡県防犯協会連合会(TEL 054-254-3750)
静岡市葵区鷹匠2丁目5番7号 交通会館ビル4階
静岡県自転車軽自動車商業協同組合(TEL 054-252-7785)
静岡市葵区常磐町1丁目4番地の11 杉徳ビル5階

自転車登録料は?何に使われているの?

登録料として600円必要です。

(公社)静岡県防犯協会連合会では、自転車登録手数料の中から盗難防止対策等の広報啓発活動費に活用させていただいております。

このページのTOPへ